あなたのその「結婚したい!」という気持ちを応援します

>

一番いい顔の自分

顔写真が大事な理由

10年ほど前にベストセラーとなった「人は見た目が9割」という本を覚えていますか?
この本のタイトルのように自分の印象というのは見た目で判断されることが多いです。
相手のことを知るには中身はもちろん大事ですが、まず目に入るのは見た目なのです。

結婚相談所でも、相手の顔写真が公開されている場合、誰もがそれを目にすることでしょう。
中には顔写真からこの人と会ってみたいと思う人もいると思います。
ここでポイントとなるのは、顔立ちが良いかということではありません。
写真の印象から相手に不快感を与えないかということです。
顔の表情や角度、身だしなみや写真の背景、明るさなどで写真の雰囲気は大きく変わります。
そんな大事な顔写真だからこそ、気を付けてほしいことを次に述べます。

もったいないと思わないで!

顔写真がいかに大事かということはすでにご理解いただけたかと思います。
では、プロフィールに登録する自分の顔写真はどのように撮影するのが良いのでしょうか。
撮影方法について紹介します。
もちろん自分で撮った写真を使用することもできます。
しかし、最近流行りの加工は避けたほうがいいでしょう。
実際に会った時に、写真と違うと思われて損をするのは自分なのです。
ここではプロのカメラマンの力を借りることをオススメします。
実際にプロフィール用の写真をプロに撮ってもらう人は多いです。
確かに自分で写真を撮るのに比べ、フォトスタジオでの撮影にかかる費用は決して安いとは言えません。
しかし、自分で撮った写真で、どんなに良いと思っていてもプロが撮った究極の1枚には敵わないことがあるのです。
写真で相手の反応が変わることはよくあります。
最高の状態の自分を写真にするためにも、お金がもったいないという考えはやめましょう。


この記事をシェアする